ファッション×AIの可能性

こんばんは!Team AIリサーチの田口です。

こちらのブログでは皆様に機械学習/深層学習に関する海外の記事をお届けします。

 

本日はサンフランシスコに本拠を置くファッション関連のスタートアップ Stitch Fixのご紹介です。

 

Stitch Fixは、データ分析ソフトウェアと機械学習を使用して、パーソナライズされた衣服の選択肢と最近の流行等のデータを照合し、それぞれに最も適した衣服を提案するサービスです。

 

まず顧客は自分のサイズ、スタイル、彼らが誇示しようとしている体の部分について数十の質問に答えます。

Stitch Fixはそのデータを取り込んでアルゴリズムに組み込みます。アルゴリズムには衣類オプションのリストも含まれています。

 

その後、人間のスタイリストがそれらの選択肢をレビューし、5つの衣服を選択し、それらを出荷し、顧客は届いたアイテムを購入するか、無料で返品するかを選択できます。

Stitch Fixのソフトウェアは、アイテムが出荷されるたびに各顧客についてより詳細な情報を得ることができ、それをさらなる制度の良い推薦に生かして行きます。

今後、機械学習による推薦がファッションのあり方を大きく変えるかもしれませんね。

 

企業ページはこちら

https://www.stitchfix.com/

元記事はこちら

http://www.7wdata.be/predictive-analytics/stitch-fix-uses-algorithms-machine-learning-to-dress-its-customers/

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【お知らせ】

渋谷東急ハンズから1分のTeam AI Baseでは、

週7日機械学習に関する勉強会イベントを行っています。

Kaggleデータ分析チャレンジ、AI論文読み会、自然言語処理勉強会が特に人気です。

是非お気軽にお越しください!下記から予約できます。

皆で勉強し高め合いましょう。

https://www.meetup.com/Machine-Learning-Meetup-by-team-ai/

当日参加の場合は、dai@jenio.coまでご連絡下さい!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

Googleニューラルネットワークによる自動翻訳はこちら

 

ステッチ修正はアルゴリズムを使用し、機械学習は顧客を訴える

 

スティッチフィックスでアルゴリズムを使用し、マシンを学習して顧客を訴える次回は、服を着た人が通りを歩いているのを見て、これを考慮しないようにしてください。そのすばらしい服装は完璧なファッションセンスの結果ではないかもしれません。コンピュータアルゴリズムの仕事。

 

ファッショニスタが、サンフランシスコに本拠を置くスタートアップのStitch Fixのように、ファッションが需要に応じて提供されるいくつかのサービスの1つの顧客である場合は、少なくともそうである可能性があります。

 

Stitch Fixは、データ分析ソフトウェアと機械学習を使用して、パーソナライズされた衣服の選択肢とユーザーを照合し、ファッション業界をビッグデータの時代に導いています。スタートアップの内部動作にあまり慣れていない顧客にとって、このサービスは魔法のように感じることを意図しています。

 

Stitch Fixのチーフ・アルゴリズム責任者、Eric Colsonは次のように述べています。「彼らが見ているのは、彼らが服の箱を注文することです。さまざまな業界の企業が、個人的な推奨事項を提供するためにデータにもっと頼っています。ユーザーが好きな映画やテレビ番組を探すためのアルゴリズムを使っているNetflixや、他人のカートにあるものに基づいて追加購入を提案します。

 

9月に衣料品業界に革命を起こす継続的な努力の一環としてメンズファッションに拡大されたステッチフィックスは、同じ技術を使用して、衣類のキュートな箱を顧客のドアに届けます。ユーザーが初めて5歳のサービスを試してみると、彼らは自分のサイズ、スタイル、彼らが誇示しようとしている体の部分について数十の質問に答えます。 Stitch Fixはそのデータを取り込んでアルゴリズムに組み込みます。アルゴリズムには衣類オプションのリストがあります。

 

その後、人間のスタイリストがそれらの選択肢をレビューし、5つの項目を選択し、それらを出荷する。顧客はアイテムを購入するか、無料で返品するかを選択できます。顧客が何も買っていない場合、1箱あたり20ドルのスタイリング料金を支払う。顧客は定期的な配送をスケジュールしたり、一度に1つのボックスを注文することができます。サービスにサインアップする際には、「より安く、より良い」など、さまざまな衣料品価格オプションから選択します。 Stitch Fixのソフトウェアは、出荷されるたびに各顧客についてより詳細な情報を得ることができます。

 

同社は、自然言語処理を使用して書面による回答を解読して、各項目について顧客が好きか嫌いであるかを尋ね、そのデータを次の出荷に適用します。 「私の個人的なスタイルが何であるかに、私のボックスに入ってくることが、より多くのものに適応するのが見えてきました」とサンノゼのウィローグレン高校の音楽教師、ケリーウォーカーは毎月ステッチ修正ボックスを注文したと語った。 WalkerはStitch Fixを定期的に約1年半使用しており、毎月彼女の箱を受け取ることを楽しみにしています。彼女は、主に彼女と彼女の人間のステッチフィックススタイリストが定期的に個人的なメモを交換するので、サービスを推進する技術についてはあまり考えていません。

 

最近の金曜日の朝のインタビューの中で、ウォーカーは彼女が大好きなステッチフィックスの黒と白のトップを着ていた。しかし、同社は必ずしも正しいとは限りません。 「ある時、確かにそこには私のようなセーターがあった、「まあ、これは本当に私のスタイルじゃないよ」ウォーカーは言った。 “それは非常に緩んで、非常に袋でした。ステッチフィックスは、多くの人が最初に何を望んでいるかを明確に表現することができないため、彼または彼女が何を返すかを分析して顧客について多くのことを学ぶと、コルソンは言いました。 「彼らは彼らがプレッピーだと言うかもしれないが、彼らは古典的でカジュアルなスタイルだと分かっている」と彼は語った。 「人々は彼らがメディアだと思うかもしれませんが、「M」というラベルのメディアはそれに関連する膨大なスペクトルを持っています。

Posted on 2017年5月17日 in BLOG

Share the Story

About the Author

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top